農畜産過去最高「効果は3兆円」、帯広信金の高橋理事長

2020/1/10 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

帯広を中心とする北海道・十勝の経済が成長軌道に乗っている。民間ロケット開発のインターステラテクノロジズ(大樹町)をはじめ宇宙産業が覚醒し、基幹産業の農業も2019年度の農畜産品の取扱高が過去最高となる見通し。帯広信用金庫の高橋常夫理事長は好調な農畜産業だけで3兆円の経済波及効果があるとはじく。主な一問一答は次のとおり。

 高橋 常夫氏(たかはし・つねお) 78年(昭和53年)中大商卒、帯広信用金庫…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]