デジタル化対応、税制改革の焦点に 政府税調が議論再開

税・予算
2020/1/10 14:46
保存
共有
印刷
その他

政府の税制調査会(首相の諮問機関)は10日、委員を刷新したうえで総会を開いた。中里実会長(東大教授)は任期3年の会長職で3期目に入り、働き方の変化や経済のデジタル化に対応した中長期的な税制のあり方を探る。経済構造が変わるなか、先進国では格差の固定化が問題視されている。税の所得再分配機能の回復が大きなテーマとなりそうだ。

安倍晋三首相は首相官邸で開いた総会で人口減・少子高齢化や経済のデジタル化など…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]