/

働く主婦「夫の家事に不満」5割超 民間調べ

夫の家事・育児に不満を抱く女性が増えている。人材サービスのビースタイル(東京・新宿)が働く主婦層を対象に実施した調査で、52.5%が「不満」と回答。2年前の調査と比べ5ポイントほど高まった。掃除や片づけを夫にやってほしいと考えている一方で、実際に夫がやっているとの回答が多かったのはゴミ出しや買い物。夫婦間のギャップが浮かび上がった。

調査はビースタイルの調査機関「しゅふJOB総研」が2019年11月13日から22日にかけて実施。有効回答者数は644人だった。

夫が「家事・育児を少しは行っていたが不満」が38.5%、「家事・育児を全く行っておらず不満」とした人が14%だった。合計は52.5%で、17年調査の47.8%から4.7ポイント不満の割合が高まった。

「不満」と答えた割合を年代別にみると、30代以下は44.8%だったのに対し、40代は54.4%、50代は54.1%だった。若い世代は不満の割合が比較的低かった。

働く主婦が夫にやってほしいと期待していることと、実際に夫が取り組んでいる内容がかみ合っていない。「夫が取り組んだ方がいい家事・育児」として掃除や片づけが41.6%で1位になった。名もなき家事全般(35.2%)、料理(28.4%)が続いた。他方で実際に「夫が取り組んでいた家事・育児」はゴミ出しが最多の43.5%、買い物(36.2%)、掃除や片づけ(28.7%)が続いた。

調査を担当した川上敬太郎・しゅふJOB総研所長は「妻と夫の間には家事・育児への取り組みに対する認識ギャップがかなりある」と指摘する。夫に期待する家事にあげられた「名もなき家事全般」とはたとえばごみを集めて分別するといったもの。買い物やゴミ出しといった具体的な名前をつけられないような家事のことを指すという。

同調査で40代の派遣社員の女性は「日々の小さな家事を理解してほしい」とコメントした。家事・育児の全体像を夫婦で共有し、認識のズレをなくしていくことが求められそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン