「冒頭解散」や「補正後解散」という禁じ手
編集委員 清水真人

税・予算
政治アカデメイア
清水 真人
コラム(政治)
政治
編集委員
2020/1/14 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

前回の衆院選から任期4年の後半に入った2020年。次の総選挙への「解散風」がやまない年になる。首相の安倍晋三にとって最も早い機会と目されてきたのが、20日召集の通常国会の冒頭か、19年度補正予算案だけを成立させた直後の解散・総選挙だ。ただ、これらは政権運営にマイナスも大きいうえ、衆院選が有権者による政権選択を目的とする限りは禁じ手だ。それはなぜなのか。では選挙はいつか。

■2020年中の衆院選が有

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]