冬タイヤ交換、大型車で脱落多発 背景に整備士不足も

スコープ
2020/1/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トラックやバスなど大型車のタイヤが走行中に脱落する事故が急増している。件数は7年間で7倍以上に増え、整備にあたる技術者の不足が背景の一つとして指摘されている。冬用のタイヤに換装した後の事故が特に目立ち、外れたタイヤが歩行者や乗用車を直撃すれば深刻な被害につながりかねない。

2019年11月14日、山梨県富士河口湖町の国道137号の下り坂で、路線バスの左後輪のタイヤ2本が突然外れた。タイヤは直径9…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]