/

この記事は会員限定です

阪神大震災25年 大津愛さん「諦めなければ道開ける」

震災を経験した起業家

[有料会員限定]

中学生の時に神戸市の長田区に住んでいて、阪神大震災にあった。周りの家は潰れ、火事もひどく、街がほとんどなくなってしまった。仲の良かった友達も亡くなった。ある日突然人生は終わる。いま若い世代に言いたいのは、震災はきょう・あすに起こるかもしれない、だから後悔しないためにも大切なことは後回しにしないでと。特に人との関係で後悔を残してほしくない。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り945文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン