ゴーン元会長妻の国際手配要請 ICPOに捜査当局 - 日本経済新聞
/

ゴーン元会長妻の国際手配要請 ICPOに捜査当局

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告(65)が保釈条件に違反しレバノンに逃亡した事件に関連し、日本の捜査当局が10日までに、元会長の妻、キャロル・ナハス容疑者(53)=偽証容疑で逮捕状=について国際刑事警察機構(ICPO)に国際手配を要請したことが関係者への取材で分かった。

    【関連記事】

キャロル容疑者はレバノンに滞在中とみられる。国際手配で同国外への移動を制限する狙いがあるもようだ。

東京地検特捜部は7日、ゴーン元会長の会社法違反(特別背任)事件を巡る東京地裁での証人尋問で偽証した疑いがあるとして、キャロル容疑者の逮捕状を取っていた。地検はその後、警察庁を通じてICPOに国際手配を要請した。

日本の捜査当局はゴーン元会長の国際手配も要請しており、ICPOは既に元会長の身体拘束を求める「国際逮捕手配書」を発行している。

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません