トランプ氏、第2段階の対中協議「すぐに開始」

トランプ政権
中国・台湾
北米
2020/1/10 5:45
保存
共有
印刷
その他

9日、ホワイトハウスで記者団の質問に答えるトランプ氏=ロイター

9日、ホワイトハウスで記者団の質問に答えるトランプ氏=ロイター

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は9日、中国との貿易交渉に関して「すぐに『第2段階』を始める」と述べ、第1段階で合意後速やかに未解決の構造問題を話し合うことに改めて意欲を表した。ただ、交渉の妥結は11月の米大統領選挙まで「待ってもよいのではないか」とし、スピードより成果を重視する姿勢を強調した。

ホワイトハウスで記者団に語った。中国の過剰な産業補助金や国有企業の優遇など難題に取り組む第2段階の協議は「少し時間がかかるだろう」と指摘した。選挙前の交渉完了に必ずしもこだわらない理由として「より優れた合意が得られると思うからだ」と話した。

トランプ氏は第2段階協議のため第1段階の署名後に「北京を訪れる」としているが、9日は具体的な言及を避けた。

米中両政府は15日、中国の輸入拡大や知的財産権の保護などを盛り込んだ第1段階の合意文書にワシントンで署名する。トランプ氏は9日「素晴らしい合意だ」と自賛し、支持基盤の農家らに改めてアピールした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]