郵政社長、内部統制を優先 不適切販売で調査対象拡大

2020/1/9 22:16
保存
共有
印刷
その他

かんぽ生命保険の不適切販売問題を受けて就任した日本郵政の増田寛也社長らは9日、初めて記者会見し、全容解明を急ぐ方針を強調した。これまで調査した保険料の二重徴収などのほかにも、不正が疑われる契約を「別途調査したい」と述べた。企業統治の強化に向けて外部専門家を入れた組織をつくる意向も表明した。内部統制を優先し、成長戦略は示さなかった。

増田氏と日本郵便の衣川和秀社長、かんぽの千田哲也社長の3社長は6…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]