/

この記事は会員限定です

亀田製菓、全商品の包装をエコ対応 30年度までに

[有料会員限定]

亀田製菓は2030年度までに全商品を環境に配慮した包装に変える。煎餅などで使うプラスチックトレーを全廃するほか、商品のスリム化でプラの使用量を削減する。バイオマス製品など環境に優しい包装資材の採用も検討する。20年度は年間150トン以上のプラ使用量の削減を見込む。「脱プラ」の動きが世界的に進むなか、環境負荷低減の取り組みを加速させる。

30年度までに全商品で「(プラトレーの)リデュース」「リサイズ(小型化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り654文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン