/

この記事は会員限定です

静岡県商議所連合会長 働き方改革で人材確保を

焦点この人に聞く(3)

[有料会員限定]

世界的な景気減速や消費増税などの試練に直面する静岡経済。人手不足や後継者難、中心市街地の衰退といった課題も多い。地域の商工会議所が果たすべき役割は何か。県商工会議所連合会の酒井公夫会長(静岡鉄道会長)に聞いた。

――県内経済の現状をどうみるか。

「米中貿易摩擦を発端に製造業が減速したが、2019年10月の消費増税で非製造業にも陰りがみられる。台風の影響があった10月は様子見だったが、11月以降をみ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り987文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン