/

金ETF、運用残高の増加が19年は過去最高 WGCまとめ

金上場投資信託(ETF)の運用残高の増加が2019年は過去最高になった。国際調査機関が8日に発表した19年の金ETFの残高の増加額は388億ドルと、前の年から37%増えた。米国の利下げや米中摩擦で、安全資産とされる金に資金を振り向ける動きが加速した。20年も米・イラン関係の緊迫化で資金の流入が続きそうだ。

20年も金に投資マネーが集まりそうだ

金の国際調査機関、ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)がまとめた。19年末の金ETFの運用残高は1410億ドルと13年2月以来の高水準。年間の増加額はリーマン・ショックや欧州債務危機で金が急騰した09~12年を上回った。

金ETFが保有する現物の金も年末時点で2881トンと18年末から400トン増え、3年ぶりの増加量だった。金価格の上昇も残高を押し上げた。

月間でみると米中貿易摩擦が激しさを増した6月や米連邦準備理事会(FRB)が10年半ぶりの利下げを実施した7~10月の増加が大きかった。先進国債の多くの金利がマイナス圏に沈む中、金利がゼロの金が資金の受け皿になった。

英国による欧州連合(EU)離脱を巡る混乱も金に投資する動機となったようだ。英国で上場する銘柄の運用残高の増加率は14.5%と、全体を上回った。ポンド安や、離脱に伴う景気減速リスクが意識された。

年明け以降も金ETFの残高(金地金ベース)は増加を続けているもようだ。米国とイランの対立激化で、有事に備えた金買いが進む。米調査会社リフィニティブによると、主要銘柄の合計は19年末から100トン弱も残高が増加した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン