長野のスキー場、雪不足対策次第で集客に明暗

2020/1/9 18:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長野県内のスキー場が雪不足対策を急いでいる。2019-20年シーズンは暖冬で苦戦するスキー場が多い。白馬村など主要スノーリゾートでは全面滑走できないスキー場もある。近年は暖冬の年が増えており、雪不足の常態化が懸念されている。一方で、前シーズンの雪不足などを受け人工降雪機など対策を強化したスキー場は早期の集客に成功した。

19年12月の平均気温は中旬で1.9度、下旬は1.5度平年より高かった。1月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]