日経ジャスダック平均、1年7カ月ぶり高値 輸出関連株が上昇

2020/1/9 18:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

9日の東京株式市場で日経ジャスダック平均株価が2018年6月22日以来1年7カ月ぶりの高値を付けた。米国とイランの対立激化への懸念が後退し、投資余力が回復している個人投資家が買いを入れた。

日経ジャスダック平均の終値は前日比44円85銭(1.17%)高の3886円90銭だった。全体の約75%の528銘柄が上昇した。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]