[社説]モディ政権に求められる寛容

コラム(国際)
社説
2020/1/9 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドでイスラム教徒をことさらに差別するような改正国籍法が成立し、抗議活動が各地で高まっている。日本の安倍晋三首相が2019年末に予定していた訪印を急きょ取りやめるなど、対外関係にも悪影響を及ぼしている。

多数の犠牲者が出るほど抗議活動が盛り上がっている背景には、モディ政権がヒンズー至上主義勢力の主張に沿った取り組みを強めてきたことがある。宗教の違いを強調する政策は社会の亀裂を深めかねない。独立…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]