「スケハラ」にNO 透けない男性肌着、職場マナーに

2020/1/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

シャツの上から肌着や素肌が透けるのは恥ずかしい――。男性の間で、そう考える人が増えてきた。女性の社会進出とともに、男性のマナー意識が向上。透けるのは周囲に不快感を与える「スケハラ(ハラスメント)」だと考える人も。透けない肌着など関連アイテムも続々と登場し、新たなマナーとして定着しつつある。

■胸部が見えるシャツは不快? 意識する男性急増

「自分で対策シャツを開発しようかと思うくらい思い詰めていまし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]