/

野村、政投銀とM&A融資で連携

野村証券と日本政策投資銀行は9日、M&A(合併・買収)に絡んだ融資分野で連携する基本合意書を締結したと発表した。野村証券が日本企業に対してM&Aの助言をする際、政投銀からどのような融資を受けられるかをセットで企業に買収を助言する。顧客企業の同意を前提に野村と政投銀の間で案件情報を共有し、案件の獲得につなげる。

日本企業のM&Aは海外買収を中心に大型化する傾向がある。M&Aを実行する際に企業がどのような融資を受けられるかが買収の可否を握るケースも少なくない。野村証券はグループの野村キャピタル・インベストメントでM&A融資も手がけていた。今回、より大型融資を手がけることができる政投銀と組むことで多くの大型案件の獲得につなげたい考えだ。

政投銀はM&A融資の分野を積極的に拡充している。野村証券の幅広い情報網や営業力を生かし融資機会を増やしたい狙いだ。野村以外の助言案件に対しても幅広くM&A融資は手がけていく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン