プレーバック

フォローする

体操・加藤、史上最多金8個 1976年ミュンヘン五輪

Tokyo2020
2020/1/9 18:00
保存
共有
印刷
その他

回転技や力技でも手先や足先がピンと伸びた美しい姿勢に、正確無比な演技。加藤沢男は1960~70年代に世界を席巻した体操ニッポンをけん引し、今に続く伝統を築いた代表的選手だった。

大学生で初出場した1968年メキシコ大会の個人総合。アキレスけんを痛めながら、旧ソ連のミハイル・ボローニンを僅差でかわして最初の金メダルを獲得すると、床と団体でも優勝を果たす。

その後も旧ソ連のニコライ・アンドリアノフら…

プレーバックをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

プレーバック 一覧

フォローする
念願の金メダルをとり、笑顔で歓声に応えるカバエワ=ロイターロイター

 銅メダルに終わったシドニーから4年。それまでに世界選手権で金メダル8個を獲得していたアリーナ・カバエワ(ロシア)は悲願の新体操個人総合金メダルを獲得した。
 旧ソ連ウズベキスタンのタシケント出身。アス …続き (2/20)

北京五輪のバスケット男子決勝でダンクシュートをするブライアント=ロイターロイター

 1月のヘリコプター墜落事故により41歳の若さで亡くなったプロバスケットボール、NBAの元ヒーロー、コービー・ブライアントは5度のNBA王者に輝いたのに加え、米国代表としても2008年北京、12年ロン …続き (2/13)

ミュンヘン五輪・バレー、男子バレー日本対ブルガリア第1セット、強烈なスパイクを打つ深尾選手(中央)

 「東洋の魔女」から遅れること8年。男子バレーでも日本が頂点に立ったのが1972年ミュンヘン大会だ。銅メダルだった64年東京五輪後に就任した松平康隆監督は、金メダルの女子と比べて格段に注目度が低い状況 …続き (2/6)

ハイライト・スポーツ

[PR]