/

この記事は会員限定です

生産性向上の痛みから逃げるな D・アトキンソン氏

小西美術工芸社社長

[有料会員限定]

2019年に生まれた子供の数は90万人を下回った。予想より早く少子化が進んでいる。先進国においては人口と経済規模に極めて強い相関関係がある。日本は社会保障負担の増加に苦しんでいるというのに、これからは労働者の数が激減するから、さらに富が減少することになる。国内総生産(GDP)は人口×生産性であるから、対策としては生産性を上げるしかない。ただ、生産性向上と簡単に言うが、実行するのはかなりのいばらの道...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン