火災保険料、水害リスクに応じて 楽天損保が初導入
【イブニングスクープ】

2020/1/9 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大雨時などに住宅が浸水する危険度に応じて地域別に損害保険料が決まる制度が導入される。中堅の楽天損害保険は4月から国土交通省のハザードマップをもとに水害被害のリスクを計算し、保険料で最大年1万円程度の差をつける。大手の東京海上日動火災保険も検討を始めており、業界全体に広がる可能性がある。

楽天損保は住宅の火災や水害、風災に備える火災保険で、国内損保で初めて水害の地域別料率制度を導入する。ハザードマ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]