/

タイCP系スタートアップ、34億円調達 セブン銀など

タイの金融スタートアップのライトネットは、CP創業一族であるチャチャワン氏(右)が創業した(9日、バンコク)

【バンコク=岸本まりみ】タイのチャロン・ポカパン(CP)グループ出身の実業家が立ち上げたフィンテック企業のライトネットは9日、約34億円を調達したと発表した。国際送金サービスを本格的に手掛ける計画で、セブン銀行などから出資を受け入れた。タイ最大財閥のCPグループを後ろ盾に、東南アジアで攻勢をかける計画だ。

韓国のハンファ投資証券やシンガポールのユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)系のベンチャーキャピタルなど合計8社から、合計3120万ドル(約34億円)を調達した。東南アジアの創業初期のスタートアップ企業としては大型の資金調達になる。

同社は、銀行口座を持たない人でも、国をまたいで低コストで国際送金ができる仕組みを整え、東南アジアを中心とした移民労働者らの需要を取り込む。3月末までにサービスを始める計画だ。

ライトネットの共同創業者兼会長であるチャチャワン・チャラワノン氏は、CPグループを率いるタニン上級会長のおいにあたる。2018年に米フォーチュン誌を買収したことでも知られる。ライトネットはCPと直接の資本関係はないが、小売りや通信でタイ経済を牛耳るCPグループの力も今後生かす。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン