[社説]少子化、半世紀前のシステムを一新しよう
出生86万 逆転への道(下)

ダイバーシティ
社説
2020/1/14 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

生まれる赤ちゃんが減り、亡くなる人が増えていく。人口の自然減は2019年、51万を超えた。わずか1年で、鳥取県の人口に近い数が減ったことになる。

この状況を招いたのは、改革の停滞だ。家族のかたちは多様化したのに、日本の制度や意識は昭和の名残を残しており、時代にあったものになっていない。令和を、半世紀前のシステムを一新する時代にしなければならない。

「昭和モデル」の呪縛

日本の少子化は1975年に…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]