大韓航空お家騒動再び 姉弟確執、かすむ「先代の遺訓」
ソウル支局長 鈴木壮太郎

朝鮮半島ファイル
国際
2020/1/10 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大韓航空を傘下に持つ韓国財閥、韓進グループでまた騒動が持ち上がった。先代の会長だった趙亮鎬(チョ・ヤンホ)氏の死去を受け、グループ総帥に就任した長男の趙源泰(チョ・ウォンテ=44)会長と、「ナッツ姫」として知られる源泰氏の姉、趙顕娥(チョ・ヒョナ=45)氏との確執が表面化したのだ。源泰氏は今年春、取締役の改選期を迎えるが、姉弟が争えば再任にも暗雲が漂う。先代が残した「家族は協力して共同経営を」と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]