/

この記事は会員限定です

英下院、EU離脱法案可決へ 3年半の迷走に終止符

[有料会員限定]

【ロンドン=中島裕介】英議会下院は9日、欧州連合(EU)から離脱する条件などを盛り込んだ関連法案を与党などの賛成多数で可決する見通しだ。上院も法案を追認するのは確実で、1月末の離脱が事実上確定する。ジョンソン英首相は2019年12月の総選挙で勝利して議会運営の主導権を奪還し、離脱を決めた国民投票から約3年半に及んだ迷走に終止符を打つ。

当初は19年3月末に実現するはずだったEU離脱の問題がこじれた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り766文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン