[FT]米・イラン間にくすぶり続ける紛争の火種(社説)

トランプ政権
政治
中東・アフリカ
北米
FT
2020/1/9 15:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国とイランはひとまず瀬戸際から退いた。1週間前には、イランが、イラクにある米軍の駐留基地を自国の領土からミサイル攻撃するのは考えられないことだった。だが、イランの反撃は、米国によるイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害への対応としては比較的抑制的であった。なにより米国人に犠牲者が出なかったこともあり、トランプ米大統領に緊張緩和のチャンスが与えられた。トランプ氏は8日、イランへの経済制裁を強化し…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]