/

中国、肺炎患者に新型コロナウイルス

【大連=渡辺伸】中国の国営中央テレビ(CCTV)は9日、湖北省武漢市で発生した原因不明の肺炎について、新型コロナウイルスが検出されたと報じた。中国政府が派遣した専門家の調査によると「特効薬やワクチンの開発に数年間かかる可能性がある」という。これまでに59人の患者が確認されており、動物に感染する可能性もあるとしている。

コロナウイルスは主に呼吸器や腸に影響を及ぶす。重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)もコロナウイルスを原因とするが、今回は違う種類だという。

武漢市の当局によると、最初に患者が見つかったのは2019年12月12日。9日までに59人の患者が確認され、このうち8人は退院したが、7人が重症となっている。

武漢市の当局は「人から人への感染は確認されていない」としている。同市疾病予防コントロールセンターの李剛主任は6日、中国メディアの取材に「患者数は増える可能性がある」と語った。

周辺地域やアジア諸国で警戒感が高まっており、香港や台湾などは武漢を訪れた市民らの検査を実施している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン