マクドナルド、カナダで人工肉バーガーの試験販売拡大

2020/1/9 6:22
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=河内真帆】米マクドナルドは8日、カナダで実施している植物由来の材料で作るパティを使用したハンバーガーの試験販売を拡大すると発表した。同社はビヨンド・ミートと提携し、2019年9月末からカナダの28店で試験販売してきた。今月14日から同国で店舗数を52店に増やすとともに、販売期間を3カ月延長する。

マクドナルドは「P(植物)、L(レタス)、T(トマト)」バーガーの試験販売店舗を増やす=ロイター

マクドナルドはビヨンド社から調達した独自レシピのパティとレタス、トマトをはさんだ「PLT」バーガーをカナダで試験販売している。価格は現在6.49カナダドル(約540円)だが、14日からは5.99カナダドルに値下げする。最大市場である米国への導入の可能性を含め、顧客の反応や供給の持続性を確かめる狙いがある。

マクドナルド・カナダの料理担当幹部、ジェフ・アンダーソン氏は「初の試験販売では顧客の需要と新メニューの厨房内でのオペレーションの統合を学んだ。レストランを増やすことでさらに顧客の嗜好を知ることができる」と説明した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]