/

この記事は会員限定です

紅い家電、米中分断でも「米国ファースト」 CES

(更新) [有料会員限定]

【ラスベガス=岩戸寿】米中対立が続くなか、中国の家電メーカーが米国市場での事業拡大に向けてもがいている。開催中の世界最大のデジタル技術見本市「CES」には主要メーカーが出展する一方、ソフトウエア企業を中心に距離を置く動きも目立つ。ソフトの役割が大きくなるなか、技術力を高めている中国との「分断」は技術革新の重荷となりかねない。

「(次世代通信規格の)5Gに対応したスマホも500ドル(約5万4000円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン