/

円高・原油高を警戒、中東緊迫で 西村経財相

【北京=羽田野主】中国を訪問している西村康稔経済財政・再生相は8日、米国とイランの対立激化で緊迫する中東情勢について「円高・原油高は日本経済に影響がある。高い緊張感を持って注視したい」と述べた。「ファンダメンタルズから乖離(かいり)した過度に投機的な動きは好ましくない」と述べた。

西村氏は同日、北京市で何立峰国家発展改革委員会主任と会談した。中東情勢などを念頭に「世界経済に下方リスクがある」との認識で一致した。9日は重慶市を訪問し、陳敏爾・重慶市書記と会談する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン