キリン「第三」で稼ぐ ビール系、10月酒税改正
アサヒは「スーパードライ」減税期待

2020/1/8 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

10月から6年かけて進むビール系飲料の酒税改正を控え、アサヒビールとキリンビールが対照的な販売戦略を打ち出した。アサヒは税額が下がるビールの主力商品「スーパードライ」、キリンは税額が上がる第三のビール「本麒麟」に力を入れる。酒税改正は第三のビールにとっては逆風になる。にもかかわらずキリンが攻勢をかけるのは、第三のビールは価格面でなお割安感があり、節約志向を強める消費者を囲い込めるとの判断だ。

「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]