茂木外交、首相戦略と一体 米訪問で中東情勢協議

イラン緊迫
2020/1/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=加藤晶也】東南アジア歴訪中の茂木敏充外相は8日、イランによるイラクの米軍基地攻撃を受け、来週に米国を訪問し政府高官と中東情勢を巡り協議する考えを示した。東南アジア歴訪ではベトナムやタイと通商交渉などの実績を生かした外交で信頼関係を強化している。実務重視で安倍晋三首相の外交戦略を一体となって進める。

茂木氏は8日、バンコク市内で記者団に「情勢が許せば来週、米国を訪問して協議をしたい」と話…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]