/

この記事は会員限定です

アジア、高まる健康志向 医や食でスタートアップ続々

[有料会員限定]

【広州=比奈田悠佑、ムンバイ=早川麗】アジア新興国で健康志向が高まっていることを背景に医療や食に関わるスタートアップ企業が生まれている。中国では肥満の増加や家畜の感染症拡大を機に人工肉メーカーが登場し、インドでは安価にがんをみつける方法を開発した企業が注目される。ネット系中心だったスタートアップの中で新しい風が吹く。

人工肉、肥満増えて需要 中国の珍肉

中国の人工肉スタートアップ、珍肉(北京市)は10日、植物性たんぱく質で作った豚ひ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2859文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン