さいたま市、路上喫煙5区域で禁止 五輪にらみ

関東
埼玉
2020/1/8 19:08
保存
共有
印刷
その他

さいたま市は東京五輪の競技会場最寄り駅など新たに5つのエリアを環境美化重点区域と路上喫煙禁止区域に指定した。4月1日に施行する。「さいたま市路上喫煙及び空き缶等のポイ捨ての防止に関する条例」に基づいて指定区域内で空き缶などのポイ捨てや喫煙を禁止し、東京五輪に向けて環境美化を強化する。

JRさいたま新都心駅、北与野駅、与野駅、埼玉高速鉄道浦和美園駅、東武野田線岩槻駅の周辺を指定した。東京五輪でバスケットボールの試合会場となるさいたまスーパーアリーナ最寄りのさいたま新都心駅では、駅周辺の商業施設「コクーン1」やさいたま赤十字病院の周辺が対象区域。サッカーの試合会場、埼玉スタジアム最寄りの浦和美園駅では東口を中心に指定し、指定喫煙場所を設ける。

違反者が措置命令に従わない場合には2000円の過料を科すことができる。施行期間までSNS(交流サイト)や鉄道各社の車両での広告などで周知する。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]