一押し本語り尽くす 埼玉・越谷で大人のビブリオバトル

2020/1/8 19:07
保存
共有
印刷
その他

埼玉県は好きな本をプレゼンする書評イベント「ビブリオバトル」の優勝者決定戦を1月18日、イオンレイクタウン(埼玉県越谷市)で開く。出場者は40歳以上限定で、県内各地の予選会を勝ち抜いた15人が出場する。シニアやプレシニア世代に本を通じて交流してもらい、地域社会に参加するきっかけにしてもらう狙いだ。

県内各地の予選会で勝ち抜いた15人が準決勝に出場する(2019年11月、熊谷市)

県内各地の予選会で勝ち抜いた15人が準決勝に出場する(2019年11月、熊谷市)

「R40大人のビブリオバトルin埼玉」は本の紹介者(バトラー)が自分の好きな本を5分間で紹介する。観覧者はバトラーに質問した後、最も読みたいと思った本に投票して得票数を争う。2019年9月から県内17市町で開いた予選会には約90人が出場した。

18日は3回に分けて準決勝を開き、決勝に進む3人は「チャレンジ、出会い、笑顔」の3つのテーマに沿った本を紹介する。各回とも観覧者を40人(事前申込30人、当日受付10人)ずつ募る。

埼玉県はボランティアやサークル活動など、趣味や特技を生かしたシニア世代の地域活動「地域デビュー」を後押ししている。

ビブリオバトルの開催もその一環。読書が好きな人に楽しみながら、異なる世代や地域住民と交流してもらいたい考えだ。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]