イラン報復、一触即発 米軍基地を攻撃

イラン緊迫
2020/1/8 20:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ドバイ=岐部秀光、ワシントン=永沢毅】イランが8日、米軍のイラク駐留基地2カ所をミサイルで攻撃した。米国によるイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害は、イランによる国家レベルの報復攻撃に発展した。米イランは双方の本格的な軍事衝突を招く一触即発の状態にある。中東情勢の流動化は、米中の貿易戦争とともに世界経済の深刻なリスクとなる。

1979年のイスラム革命で反米体制に転じたイランと米国の対立は、最…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]