英で眠った出土品「再発掘」 京都・鹿谷古墳の報告書
時を刻む

関西タイムライン
2020/1/9 2:01
保存
共有
印刷
その他

京都府亀岡市にある鹿谷(ろくや)古墳(6世紀)で約140年前に見つかった出土品を研究した報告書がこのほど刊行された。これらの遺物は現在、大英博物館が収蔵している。明治期に英国人技師が買い取り、持ち帰ったものだ。国外に蓄積された考古資料に再び命を吹き込む取り組みが実を結んだ。

「亀岡の古墳からの出土品では最上級。国内で保管されていれば指定文化財になってもおかしくない」。報告書「鹿谷古墳の研究」をま…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]