米軍のイラク駐留とは 過激派掃討を主導
きょうのことば

2020/1/9 10:08
保存
共有
印刷
その他

米軍のイラク駐留 米国は広く中東地域に軍事力を展開している。イラクへは2014年、急速に台頭した過激派組織「イスラム国」(IS)を掃討するためオバマ前政権が軍事顧問を派遣し、段階的に軍事介入を強めた。5000人程度の米兵が駐留し、ISと戦う国際社会の「有志連合」を主導する。イラク軍への助言などでも支援・協力している。

米軍は03年に始めたイラク戦争でフセイン政権を倒した後にイラクへの駐留を…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]