/

NTN、大阪・河内長野の工場を閉鎖へ 和歌山に移管

ベアリング(軸受け)大手のNTNは2025年をめどに主力工場の金剛製作所(大阪府河内長野市)を閉鎖する。設備が老朽化したため。20年4月に稼働する和歌山製作所(和歌山県橋本市)に順次生産を移管する。約320人の従業員はほとんどを新工場に配置換えする方針。跡地の活用方法については今後検討するが、売却も選択肢という。

金剛製作所はNTNが1960年代に買収した金剛ベアリングの工場。自動車や産業機械向けの汎用軸受けなどを生産してきた。設備の老朽化に加えて住宅地に近いこともあり、新工場に生産を集約することにした。

新工場では電気自動車(EV)向けの摩擦抵抗が小さい軸受けや振動を抑えられる軸受けなどの生産を強化する。あらゆるモノがネットでつながる「IoT」を使った工程管理など効率化も進める。EV化で自動車に必要な軸受け部品の数は減るとみられ、高付加価値品への転換を急ぐ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン