ウイグル族弾圧で対中制裁強化を提言 米議会

2020/1/9 0:00
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=永沢毅】中国の人権状況を監視する米議会の超党派委員会は8日、2019年版の報告書をまとめた。広範囲にわたり人権状況と法の支配の悪化が続き、先端技術を用いて中国当局が「国民を制御し、抑圧している」と非難。新疆ウイグル自治区でのウイグル族弾圧に関わった人物への制裁強化などを米政府に提言した。一部はすでに実行に移されており、中国の反発は確実だ。

報告書は18年8月~19年8月を対象とした…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]