/

この記事は会員限定です

世界のマネー 変化を探る(4) 新興国で発展する金融システム

慶応義塾大学教授 白井さゆり

[有料会員限定]

新興国・途上国の現金需要の動きは先進国とは異なります。新興国は人口が増えて名目国内総生産(GDP)が大きく拡大を続けていることから、現金の取引需要が年々増えています。現金発行残高と名目GDPの増え方を比べると、多くの国でおおむね同じような動きをしています。このことから、新興国の現金発行が増えているのは主に取引需要によるもので、先進国のような資産保有目的での現金退蔵が広がっているわけではないようです...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り659文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン