[FT]米打倒に執念燃やしたイラン精鋭部隊司令官

FT
2020/1/8 17:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

建設作業員から身を起こし、イランで最も崇敬される軍司令官にまで上り詰め、中東各地で幾多の悲惨な戦争を指揮したカセム・ソレイマニ氏が米軍の空爆の標的となり死亡した。62歳だった。

イランの政治家たちは同氏が死亡した直後、自国の「大敵」である米国によって「殉教者」になったのはソレイマニ氏にとって本望だったろうと語った。イラン革命防衛隊の精鋭組織「コッズ部隊」を率いた20年あまりの間、同氏は執拗に中東…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]