小栗旬さん、北条義時演じる 22年大河ドラマ

2020/1/8 16:39 (2020/1/8 18:27更新)
保存
共有
印刷
その他

NHKは8日、2022年放送の大河ドラマのタイトルが「鎌倉殿の13人」で、主人公の北条義時を小栗旬さんが演じると発表した。脚本は三谷幸喜さんが書き下ろし、主な舞台は鎌倉という。三谷さんが大河の脚本を担当するのは「新選組!」「真田丸」に続き3度目。

小栗旬さん=共同

物語は平安末期から鎌倉初期の時代を描く。義時は源頼朝の天下取りを支えた13人の家臣団の一員で、頼朝の没後の内部抗争で勝ち残り、権力を手中にする。

東京・渋谷のNHK放送センターでの記者会見で三谷さんは「歴史の中で敗れ去った人たちにシンパシーを感じる。義時は勝者だが、失ったものや犠牲も多く、書かせてもらうことになった」と説明。大河の視聴率低迷を念頭に「大河は元気がないと言われるが、こんなに楽しい枠は他にない。お力になりたいと思っている」と述べた。

今年の大河ドラマは長谷川博己さん主演で戦国武将・明智光秀が主人公の「麒麟(きりん)がくる」で、19日に始まる。21年は吉沢亮さん主演で実業家・渋沢栄一を描く「青天を衝(つ)け」に決まっている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]