1/28 12:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,476,078億円
  • 東証2部 77,254億円
  • ジャスダック 100,353億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.24倍 --
株価収益率15.05倍15.94倍
株式益回り6.64%6.27%
配当利回り1.91% 1.91%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,135.51 -208.00
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,100 -210

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

トップに聞く[映像あり]

日本ガイシ 大島 卓社長

1月28日(火)09:50

展開リポートの点と線 日本銀行にお願いしたいこと「岡崎良介の点と線」[映像あり]

1月27日(月)14:19

[PR]

スクランブル

フォローする

米イラン応酬で警戒感再び、反転に備えも
証券部 竹内弘文

2020/1/8 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地政学リスクが再び株式市場を覆った。ミサイル攻撃で米イランが本格的な軍事衝突に近づいたとみた投資家は、8日の東京株式市場で一斉に持ち高調整に動き「落ちてくるナイフはつかむな」を予感させる展開となった。ただその後は下げ幅を縮め、投資家は悲観一色でもない。振れ幅の大きい相場のなかで強弱感が交錯している。

8日の午前8時すぎ。証券各社のトレーディングフロアでどよめきが起こるとともに「一瞬、パニックに陥…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム