ティッシュ、消えた「安売り」 物流コスト重く

価格は語る
2020/1/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安売りの目玉商品だったティッシュペーパーが値上がりしている。スーパーやドラッグストアで「客寄せ」の役割を担ってきたが、2019年春以降、安売りがめっきり減った。外資大手が低価格戦略を転換したことに加え、物流コストの上昇に耐えきれず国内製紙各社が値上げに踏み切っているためだ。単身世帯や働く女性が増え、チラシなどで安売り商品を探す消費者が減ったという買い物スタイルの変化も一因となっているようだ。

■特

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]