趣味が高じ世界10位の味、栃木・那須のチーズ
(人物ファイル)

2020/1/8 15:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR黒磯駅(栃木県那須塩原市)から板室温泉郷(同)に延びる街道の途中、静かな森の中に「世界10位のチーズ」を作る小さな工房がある。酪農が盛んな那須地域の牛乳を使い、様々なチーズを製造する「チーズ工房那須の森」(同)だ。落合一彦社長はもともと畜産の研究者で、趣味のチーズ作りが世界に認められるまでになった。

2019年10月にイタリアで開いた「ワールドチーズアワード2019」は、世界42カ国から38…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]