/

この記事は会員限定です

香港不動産大手、遊休地「無償で提供」中国の批判意識

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】香港の不動産大手が遊休地を住宅用地として提供すると相次ぎ表明している。大規模デモを受けて、中国国営メディアが土地を抱え込む不動産会社を批判したのがきっかけだ。著名な実業家の李嘉誠氏も私費で設立した慈善団体を通じて10億香港ドル(約140億円)を中小企業に拠出する支援に乗り出した。

土地の提供を表明したのは新世界発展(ニューワールド・デベロップメント)、恒基兆業地産(ヘンダーソンラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン