/

「米国のテロリスト80人殺害」イラン国営テレビ報道

【ドバイ=岐部秀光】イラン国営テレビは8日、同日のイラク国内の米軍基地への攻撃により「米国のテロリスト」が少なくとも80人死亡したと報じた。米兵に犠牲が出たことが確認されると、米軍による激しい報復も予想される。

国営テレビは、イランが15発のミサイルによって攻撃を実施したと報道。ミサイルは米側に1発も捕捉されず、米軍のヘリコプターや軍事施設に激しい損傷をもたらしたとしている。

イラン革命防衛隊筋の発言として、イランは米の報復に備え、中東地域に100カ所の反撃目標を設定していると報じた。8日未明のイランの報復攻撃は、3日にイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官が米軍によって殺害されたのと同じ時刻をねらって実行された。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン