サイゴン行 ノンフィクション作家 堀川惠子

エッセー
2020/1/14 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

年も押し迫る先月半ば、旧サイゴン(ベトナム・ホーチミン市)へ向かった。午後発のフライトは、機内からの夕暮れが美しい。熟れたマンゴーのような鮮やかな橙色(だいだいいろ)がだんだん深みを増し、やがて漆黒の闇に包まれていく様はいつも胸を揺さぶる。

サイゴンは昭和16(1941)年12月、旧日本軍によるマレー上陸作戦への拠点となった。今回の旅は、次作の序盤に登場する陸軍将校が遺(のこ)した手記を片手に、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]