トランプ氏、イラン巡り8日声明へ 揺さぶられた市場

2020/1/8 15:16
保存
共有
印刷
その他

イランがイラクにある米軍の駐留基地を攻撃したことで、8日の東京株式市場は朝方から中東情勢の悪化を警戒し、日経平均株価は一時前日比600円以上下落した。昼すぎにはトランプ米大統領やイラン外相のツイッター投稿を受けて、事態の沈静化を期待した投資家から買い戻しが入り下げ幅を縮小し、終値は370円安と値動きの荒い1日となった。トランプ氏は米東部時間8日朝(日本時間同日夜)に声明を公表する予定。内容次第で…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]