/

この記事は会員限定です

[FT]イラン司令官殺害、トランプ氏と米国防総省に亀裂

[有料会員限定]
Financial Times

イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害が引き起こした影響への対応をめぐり、トランプ米大統領と米国防総省当局者の間で緊張が高まっている。国防総省側は、米軍がイラクから追い出される懸念やイランの文化財を爆撃するというトランプ氏の脅しのなかで対応に動いている。

米軍内の不安は6日、エスパー国防長官が米国は武力紛争法を順守すると述べたことで浮き彫りになった。武力紛争法は文化財に対する攻...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2797文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン